お野菜
ケールとは、アブラナ科の植物でキャベツの一種であり、生命力がとても強く、一年を通して栽培できることが特徴的な緑黄色野菜です。具体的には、緑黄色野菜でトップクラスの量のビタミンCや、にんじんの2倍のビタミンA、ブロッコリーと同程度のビタミンEが含まれています。

単一野菜のなかでは群を抜いて栄養価が高いことと、一年を通して採取できる利便性から、さまざまな青汁の原材料として用いられています。

高い栄養価を持ちながら一年を通していつでも栽培できるケール

アブラナ科の植物でキャベツの一種であるケールとは、一年中栽培できるほどにとても生命力が強い緑黄色野菜です。普通のキャベツの場合は、一枚一枚、葉が重なり合って球を形成するものの、ケールの場合は外側へ広がるように成長することが特徴です。

そして、その不結球性こそが、ケールの力強い生命力の高さにつながっています。一年を通していつでも栽培できる利便性と、とても高い栄養価から、ケールは青汁の原材料としてもっとも幅広く使われている植物のひとつです。

数ある単一野菜のなかでも最高峰と言われるケールの栄養価

ケールの栄養価はとても高く、数ある単一野菜のなかでも最高峰のものであると言われているほどです。具体的には、特にビタミンAや食物繊維、葉緑素、GABA、カルシウムなどが豊富に含まれています。特に、ビタミンAはにんじんの2倍の分量がある上に、ビタミンEはブロッコリーと同じ程度、ビタミンCは数ある緑黄色野菜のなかでもトップクラスの含有量です。

幅広くさまざまな栄養素が豊富に含まれていることから、ケールを摂取するだけでさまざまな健康効果を期待できます。また、野菜不足に悩んでいる人にとっては、栄養価が豊富なので、とても好んで摂取されている植物です。

がんの発生を抑えてくれる抗酸化物質が豊富に

抗酸化剤としてのはたらきを果たすベータカロチンも豊富に含まれているため、ケールを食べるだけでがんの抑制効果を期待することが可能です。同時に、豊富に含まれているカルシウムと食物繊維、さまざまなビタミン類が抗酸化物質としてはたらくことで、さまざまな病気を防いでくれます。具体的には、がんをはじめとして、動脈硬化や糖尿病、生活習慣病などを抑制してくれます。

さまざまな栄養素が豊富に含まれているケールを摂取することで、さまざまな人にさまざまな健康効果を期待できます。青汁にも好んで使用されているので、ぜひとも、青汁からケールを摂取してみてください。

関連記事

    None Found

関連記事

ケルセチンプラスが配合されている極の青汁

明日葉のカルコンで長生きできる身体に

牛乳と比較して3倍以上のカルシウムが含まれている大麦若葉

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です