元気な老人
明日葉とは、青汁の原材料として幅広く好まれている日本原産の植物のひとつです。人体にありとあらゆる効能をもたらしてくれることから、万能植物と言われています。明日葉という名前の由来は、今日芽を摘んでも明日には芽が出てくるほどに強い生命力を持っているからです。

万能植物と言われるほどに効能が豊富な明日葉

好んで幅広く青汁の原材料として使用されている明日葉とは、人体にとってありとあらゆる効能をもたらすことから、万能植物と言われています。名前の通りに、今日芽を摘んでしまっても、明日にはまた芽が出てくると言われているくらい生命力が強く、発育がはやい植物です。また、セリ科の日本原産の植物であり、葉や茎だけではなく、根っこまでまるごと食用として親しまれています。

アディポネクチンの生成量がもっとも多いカルコン

カルコンとは、さまざまな食用の植物を見渡してみても、ほとんど大麦若葉にしか含まれていないと言っていいほどに、明日葉に特有の有効成分です。そんなカルコンには、超善玉ホルモンと呼ばれることもある、アディポネクチンを生成するはたらきがあります。しかも、数ある成分のなかでも、カルコンのアディポネクチンの生成率はナンバーワンであることから、黄金のポリフェノールと呼ばれています。

医学界で希望の光と呼ばれているアディポネクチン

1996年に大阪大学医学部の松澤裕次教授によって発見されたアディポネクチンは、瞬く間に世界中にその事実が広まり、世界中の医学界にとって希望の光となっているほどのものです。なぜ、希望の光と言われているかと申しますと、人間が長く生きるためにはアディポネクチンが欠かせない成分であると考えられているからです。

まずは、がんの予防と改善に効果を発揮することはもちろんのこと、生活習慣病と呼ばれているメタボリックシンドロームや、糖尿病。そのほか、動脈硬化や高脂血症、高血圧など、老化とともにどうしても発生することが避けられない悪質な病気を改善してくれる役割を果たします。

黄金のポリフェノールと言われているカルコンは、医学界の希望の光と呼ばれているアディポネクチンの生成率がもっとも多い成分です。老化とともに発生する恐れが高まる糖尿病や動脈硬化、高血圧などを改善してくれることこそが、明日葉が万能植物と言われている所以です。カルコンはほとんど明日葉からしか摂取できない珍しい成分なので、ぜひとも、明日葉が含まれている青汁を飲んでみてください。

関連記事

関連記事

ケルセチンプラスが配合されている極の青汁

牛乳と比較して3倍以上のカルシウムが含まれている大麦若葉

さまざまな栄養素がとても豊富なケール

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です